早く矯正した方が良い

>

人前に出る時に外す

どうしても気になる人

透明になったとは言っても、近くで見るとマウスピースを付けていることを他人に知られてしまうかもしれません。
絶対に矯正していると気づかれたくないなら、マウスピースを外しても構いません。
マウスピースは、自分で自由に着脱できる面が大きなメリットです。
外出する時に外したら、帰宅して必ずつけてください。

着脱が認められていますが、何日も付けない日々が続いていると、これまでの効果が失われます。
せっかく途中まで矯正できていたのに、再び最初からになってしまうので終了するまでの時間が長くなります。
外したマウスピースは、自宅の目立つところに置くのが良い方法です。
それなら帰宅してすぐ付けられるので、忘れることはありません。

デリケートなマウスピース

落として壊れたら、マウスピースを再び医師に作ってもらってください。
型を取っているので、すぐ作ってもらうことは可能です。
しかし費用が発生するので、壊さないよう丁寧に扱ってください。
マウスピースを作るだけでも、5000円前後に費用が発生します。
何度も壊して出費が増えるとお金がなくなって、矯正治療を続けられなくなるかもしれません。

雑に扱っていると、すぐ壊れます。
いつも丁寧に扱って、余計な出費を抑えてください。
焦って着脱をしていると、落とすことが多いです。
特に外出する時に焦って、マウスピースを落とす人が多いです。
出かける前は、時間に余裕を持ってください。
ゆっくりマウスピースを外せば、落とすことはないでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ